やってないってば!#27「グルメ批評家リンディ」ネタバレと感想

スポンサーリンク
やってないってば!

こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

 

今回は、ドラマ「やってないってば!」の#27話「グルメ批評家リンディ」のネタバレと感想です。

 

ランブルジュースにいるリンディ・ジャスミン・デリア。ジャスミンが持ってきたビッグニュースは「初のベビーシッターのバイトをゲットした!」ことです。

学校の掲示板で見つけたんだって。しかも15人が応募して、選ばれたのは彼女だけ!嬉しそう。

 

子守のアドバイスがほしくて、二人に相談するジャスミン。

デリアはキャットシッターのアドバイス(笑)、リンディは「いろいろな遊びを用意すること。普段通り楽しめばいいよ」ってアドバイス。それがよさそうだね。

 

いっぽう、ランブルジュースでバイト中のギャレットに、オーダーをするローガン。

「このあと遊ばない?」ってギャレットが誘うけど、実はこのあと彼女のエリンと遊ぶ約束なんです。

前回のエピソードで、生まれて初めての彼女ができたから。「何週間もご無沙汰だ!」ってギャレット、ほっとかれて怒ってる。

ローガンに順調っぷりを見せつけられてます。

 

冒頭はこんな感じ。ストーリーに注目です!!

 




 

スポンサーリンク

リンディは批評家、ギャレットはローガンのドッペルゲンガーに会い、ジャスミンはベビーシッター。

 

 

いっぽう、教室にいるリンディ。

「あの」ジェンキンス先生と話しています。先生は学校のブログ担当です。

そこでリンディは「私、ブログに記事が書けたら楽しいだろうなって」と提案。「楽しいだろうな?君らの世代はいいな」とイヤミを言われながらも、リンディにブログを任せます。

内容は、オープンしたばかりのレストランの批評。

でも、書きたいのは「硬派な暴露記事」とか。将来のことを考えて、記事を書きたいんだけど…

 

 

いっぽう、バイト中のギャレットは、ホーガンという変わった男子と出会います。

ギャレット曰く「君を知ってる気がする」って。初来店なのに。

 

その後、ホーガンとふたりでいたときに、ローガンとばったり会ったギャレット。

とりあえず新しい友達を紹介したけど、なんだかホーガンとローガン、似てない…?

案の定、ふたりは握手しながら、同時に「その髪いいね~」ってほめあって。

でも、ギャレットはホーガンと遊ぶ予定だから、ってさっさといなくなっちゃった。

 

んで、ローガンはひとりスムージー中のデリアと「よし、その悲しさについて俺と語り合おう」なんて言い出して(笑)

デリアに「ホーガン、誰かに似てると思わないか?」って言って。本人も気づいたらしい。

デリアに指摘されると、ようやくそれが自分だって気づいて。しかも「髪型が決まってて」とか「なんだか賢そうだろ」とか自画自賛ばかり(笑)

まじかよ…嘘だろ、ギャレットにオレは必要ないんだ」ってショックをうけるローガン。

さあ、その悲しさについてデリアと語り合おうか…

 

 

ジャスミンはオーブリーという女の子のベビーシッター中。

でもこの子、勉強大好き。「あなたが飽きないようにしてあげたいの」というジャスミンに対して、ぶあついシェイクスピア全集を読みながら「飽きない」って答えて(笑)

しかも「無理に楽しませようとしなくていいよ。10代の女の子らしいことしてれば?」ってめっちゃドライです。

ため息つきながら、逆にジャスミンのシッターみたい(笑)

 

とりあえず、おえかきごっこを始めたふたり。

ジャスミンがかわいいおうちを書いたのに対し、オーブリーも同じようにおうちをかいた。

でも、クオリティが明らかに違う。オーブリーのほうは、好きな建築様式をつかったおうち。

均整もとれてておえかきのレベルじゃない(笑)

「読書に戻りたい」と言い始めたオーブリーに、提案したのは「ピンポンゲーム」

お兄ちゃんにいつも勝てないと言うから、ジャスミンは「楽しくやればいいの」と教えます。

 

いざやってみると、ジャスミンは超本気モード(笑)なのにオーブリーが連勝。「楽しくやればいいの」って言ってたけど?さっき。

ジャスミンのベビーシッターも、タイヘンそうだ。

 




 

オーブリーとほかのゲームで遊んでも、ぜんぜん勝てないジャスミン。

だってオーブリーは超賢いから。ずっとムキになってるけど、これってベビーシッターって言わないんじゃ…!?

 

 

リンディが訪れたメキシコ料理店、料理のお味は??

 

 

さっそく「ドス・マーベラス」というレストランで、批評を考え中のリンディ、付き添いのデリア。

メキシコ料理店です。でも、お店の人に批評のことを知られないようにね。

ちゃんとメキシコ料理の下調べをしてきたリンディ。お店の人にも歓迎されてます。んで、結局おすすめメニューをふたりで注文(笑)

 

料理が到着。デリアは半月型のケサディーヤ、リンディはオーナーの故郷の名物。

食べようとしても、オーナーとその母親、おばあちゃんはリンディを見つめたまま。これじゃ食べにくい(笑)

 

で、ふたりが一口たべて、「う~ん♡」っておいしそうにすると、ようやくいなくなってくれました。でも、実際は激マズ。

その場で吐き出しちゃうくらい。「ひどい味!」「この味は(料理の)形のせいじゃないよね…?」って言い合って。

 

 

次の日、お店にジャスミンといっしょに来たリンディ。

「昨日も来たんだ?よっぽどおいしいんだね」ってジャスミンは言うけど(笑)だって、批評かかなきゃだし…

 

オーナーのおばあちゃんに「君は家族同然だ」って言われて、記念撮影を頼まれるくらい歓迎されてます。

 

でも料理は激マズ。ジャスミンにとっても同じくです(笑)

連れて来たことに対してジャスミンが皮肉を言っても、リンディは「もう一度チャンスを与えたかった」って。

「批評なら料理がマズいってはっきり書くべきだよね、でも店の人に申し訳ない…家族って言ってくれたのに」と葛藤するリンディ。

出されたナチョスを食べてみても、やっぱりおいしくない…

 

 

批評のブログを先生に提出したリンディ。

でも内容はアクセスや店内、サービスのことばかりで、肝心の料理については書いてない…

先生に「料理の味について書かれてないが」と聞かれても「それって重要?」としらばっくれて(笑)

でもごまかせず、正直に料理の味のことを伝えました。

あと、スタッフがとてもいい人たちで「悪い批評はお店の経営に響くから…」ってことも。

すると「どちらかだ。いい人でいるか、事実を正しく伝えるか…事実を正しく伝えることに関心がなければやめたまえ」って先生。

 

でも「私にとっては重要なことです。やると決めたからにはちゃんとやりたい。みんなから信用されるようになりたい、リンディ・ワトソンが書いた記事ならって…」とリンディも、正直に伝えました。

それでも、先生は「書き直せ。本物の批評にするんだ」って。

 

はたして、リンディはお店の評判と正しい内容、どっちをとるのか?

 



 

【ネタバレ】リンディのグルメ批評の行方

 

 

迷った挙句、リンディはレストラン批評のことをお店のオーナーたちに打ち明けました。

あと「こう書くつもりよ…料理がおいしくない」とも。

すると「心臓をつきさした、君は悪魔だ!」ってオーナーの通訳を介して(笑)おばあちゃんが。そんなつもりじゃなかったのに…

 

すると、母親がおばあちゃんを説得。「リンディが正しい。最近料理の腕が落ちてるから、もう引退して後は任せて」って。

リンディがおばあちゃんに料理を食べさせると、本人もマズいって言って…

 

これで、お店の料理は母親が担当することに。

オーナーも「ママは料理がうまい。批評を書く前に、ぜひ食べてみて」って。

キレてたおばあちゃんとの仲ももとどおりに。これで、料理のおいしさをちゃんと伝えるグルメ批評が書けますね!

その後のお店のランチタイムは満席。「これも私の批評のおかげかな?」って(笑)

 

まあ、めでたしめでたし♡

 

 

やってないってば!#26「ローガンが好き」のネタバレ・感想
こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。 今回は、ドラマ「やってないってば!」の26話「ローガンが好き」のネタバレ・感想です。 ななんと! ローガンに新しい彼女が...

コメント

タイトルとURLをコピーしました