ドラマ「やってないってば!(I Didn’t Do It)」主人公のリンディ/ローガンのトゥトゥペディア

スポンサーリンク
やってないってば!

ディズニー・チャンネルのドラマ「やってないってば!」のお役立ちページです。

 

「やってないってば!」の主人公は、双子のリンディとローガン。お互い性別も違えば、性格もまったく違う。

そんなふたりの物語だから、思いっきり笑えて楽しいんです。

 

ここでは、双子の主人公のプロフィールや性格、トリビア的な内容をぎゅっとまとめています!

あわせて、ふたりの間に起こったあんなことやこんなことも。

ほんとにいろんなエピソードがあるんです。

 

名付けて「トゥトゥペディア」

うぃ◎ペディアみたいな感じで。だけどコアな情報いっぱいでお届け!

 

通ってる高校や趣味、性格やトリビア的情報についても。気になる恋模様もまとめつつ…

まずはオリビア・ホルト演じるリンディから。

 




スポンサーリンク

リンディ・ワトソン(演:オリビア・ホルト)のトゥトゥペディア

 

 

高校生

兄弟:ローガン(双子の弟)

趣味:ボランティア、スノボ

気になる人:コール(#5「リンディリシャスはどんな味?」)、ザック(#17「世界の終わり」)、ジェイク(#22「モスキートとマスクラット」)など

親友:ジャスミン、デリア、ギャレット

 

 

リンディの性格や特徴など

 

 

規律ただしい優等生。さらさらのブロンドヘアが特徴。

成績優秀。勉強は完璧にこなせないと気が済まない。

人の先頭に立って行動するのが好き。いわゆる根っからのリーダー気質。自分の行動や善意に誇りを持っている。誰のことも差別しないし、出会ったみんなのことが好き。

いい子ちゃんで、いわゆる親のお許しスタンプ。だいたい「リンディも一緒だから」と言えば、親はOKしてくれる。深夜の映画も、ヤバいラップバトルも。

お節介で世話焼き。

お節介の程度が過ぎると、ローガンたちから疎ましく思われることも。お節介のせいで、ギャレットが警察につかまってしまったことも。なお、自分では認めていない。

好きになる男子に一貫性がない。ある日はお調子者、またある日は優等生、次は敵対してる男子…という感じに。だいたい1エピソード限りで失恋する。

 

 

リンディのトリビア

 

 

小学3年生のとき、高校生の自分に望むことを手紙に書いたことがある。ピンクの鉛筆への愛とともに「高校生になる前に、もっといい友達ができますように…」と書いた。そのことを他の4人に知られないように、あの手この手で手紙を隠したことがある。(#4「高校生の私へ」より)

健康志向。「栄養たっぷり(中略)ランチを食べようプロジェクト」を計画していた。野菜ランチメニューは生徒たちに不評。ローガンの、楽に野菜をとるためのアイデアにおいやられてしまった。(#5「野菜をおいしく!」)

何年も研究してきたスムージーのレシピがある。材料は最高のオーガニックフルーツだけ(リンディのベッドの下で育てたものw)。一時期ランブルジュースのメニューになるも、それはリンディが店員さんの想い人だったから。のちにケンカになり、映画館をスムージーまみれにしてしまった。(#6 「リンディリシャスはどんな味?」より)

学校では皆勤賞。まじめに学校に通っている。同じく皆勤賞で優等生のシェリーという女子生徒に妬まれ、あの手この手で皆勤賞を阻止されそうになった。(#8「皆勤賞のダンスパーティー」より)

 

 

普段の生活は、スマホに頼りっきり。お天気、地図、アラーム、スケジュール、しまいには励ましメッセージまで(笑)スマホをフル活用。72時間をスマホなしで過ごしたときは、学校も身だしなみも何一つうまくいってなかった。(#11「スマホなし72時間」より)

親のお許しスタンプ、いい子ちゃんなのがイヤで、悪い子を演じたことがある。先生に悪口を言いまくったり、テーブルの上に足をのせてみたりしたけど、悪い子になりきれなかった。(#13「地球で愛を育てよう」より)

おせっかいすぎて、学校の先生の恋路を邪魔したことがある。先生が想いを寄せる女性に、先生の鼻が蓄膿症なことや離婚歴があること、子どものことなど、とにかく余計なことを言いすぎてしまった。それ以降、先生からもおせっかいを疎ましく思われている。なお、リンディは自分のおかげで、周りがうまくいっていると思い込む。(#14「お節介リンディ」より)

デリアやジャスミン曰く、ブロンドヘアという特権階級に属している。ブロンドゆえにひいきされることが多い。差別や理不尽が嫌いなリンディは「ブロンドだからって特別扱いはされてないよ。もしされてるなら、私がみんなによくしてあげてるから」と弁明していた。(#16「走れローガン」より)

 

 

自分の高校のバスケチームと、敵のチームのリーダー男子・ジェイクとデートしたことがある。禁断の恋に、同じチームを応援する生徒から反感を買った。しかし、ジェイクのほうが禁断の恋にたえられず破局した。(#22「モスキートとマスクラット」より)

ローガンに手を貸し過ぎていると、デリアに指摘されたことがある。それが原因で、何もできない脳外科医になったローガンが夢に出て来たことも。彼が脳外科医になったのは、リンディが何もかもしてあげていたから。(#24「世話焼きリンディ」)

パイナップルを食べて寝ると、よく変な夢を見る。(#24「世話焼きリンディ」)

保護犬の世話をするボランティアをしていた。デリアに散歩の面倒を頼むと、ネコ好きの彼女は別の犬を連れて帰って来てしまった。(#25「イヌ派?ネコ派?」)

小学2年のとき、舞台「月の上のカウガール」に出演。デリアいわく「あれは忘れられないよ。すっごい演技だった」。でも、リンディは月の役。(#26「ローガンが好き」)

リンディにとって、誕生日は嬉しさ2倍。ローガンと一緒だからね。(#30「サプライズ・パーティー」)

 




ローガン・ワトソン(演:オースティン・ノース)のトゥトゥペディア

 

 

高校生

兄弟:リンディ(双子の姉)

趣味:ドラム

彼女:ダニカ(#13「地球で愛を育てよう」)

気になる人:ヘイリー(#11「スマホなし72時間」)など

親友:ジャスミン、デリア、ギャレット

 

 

ローガンの性格や好きなものなど

 

かわいい女の子が好き。冗談や皮肉を言うことが多い。

ちょっとおバカでお調子者。勉強全般、つまらないことが苦手。想ったことは素直に伝えるタイプ。

ちょっとネーミングセンスがダサい。

 

ローガンとリンディのパパ曰く「お前の頭の中ではリスが楽しく走り回っている」とのこと。

カネの亡者。どんなことでも、お金がからむとまっしぐら。悪知恵が働く。

リンディの手を借りないと何もできない。双子という立場に甘え切っている様子も。

 

 

ローガンのトリビア

 

 

いつものグループは女子が過半数で、多数決に不利。ということで、クールな転校生をグループに引き込むことを提案したことがある。しかし、その転校生はとんでもない地雷男だった。(#3「新しい仲間」より)

小学3年生のとき、高校生の自分にあてて手紙を書いた。ローガンは「かっこよくなる、アーモンドバターを食べる」と、ジャスミンの手紙をのぞき見して「ブラをつけること」と書いた(#4「高校生の私へ」より)

サボりグセがある。そのため、仲間たちはサボることを『ローガン』すると言っている。いわゆる、楽をしようとする、近道を探すという意味。(#6「リンディリシャスはどんな味?」より)

ローガンが「最高にお得なクーポンを見つけた」というときは、決まってさんざんな結果に。これまで、お母さんにあげる30%オフの花束はボロボロだったし、75%オフの寿司は激マズ。豪華な山小屋ロッジにお得に2泊できるクーポンを使ったときは、結果的に山小屋を破壊してしまった。(#7「山小屋へ行こう!」より)

アメリカ上院議員と友達になったことがある。ワシントンに修学旅行に行った際、公園のベンチで隣にすわっていた男性が、なんと上院議員だった。「対立候補にならないのなら」と名刺を受け取る。そして、仕事や特権の話を聞き「この仕事、俺でもやれそう!」と調子に乗っていた。(#10「ワシントンでつかまって」より)

 

初めて付き合った女子・ダニカは、いわゆる地雷系女子だった。彼女に告白されたのに「私に近づかないでよヘンタイ!」と怒鳴られたり、腹フックされたりして。初めてだったから「きっとこれが愛というものなんだな?」と勘違いしていた。実は、ダニカの父親は教頭先生。父親にローガンと仲良くしているところを見られると、ローガンがひどい目にあうので、わざと地雷系女子を演じていた。(#13「地球で愛を育てよう」より)

走り方が変。デリア曰く「ハイヒールをはいたシカの赤ちゃんみたいな走り方」。

嘘が下手。チャリティジョギングで変な走り方を見られたくないあまり「足の指を骨折した」と松葉杖をついて過ごすも、リンディには嘘がバレバレだった。(#16「走れローガン」より)

楽しいことが大好き。学校の校内放送で、アナウンサーに抜てきされた時も、ひたすら面白いことをやろうと一生懸命だった。自己紹介は「パーティーやろうぜ」ローガン。ふざけたことばかりの放送にした結果、収録スタジオを水びたしにしてしまった。(#17「世界の終わり」より)

ガリ勉を対象に、ロッカーのスペースを貸し出すビジネスをしていた。リンディのロッカーを間借りして。科学の教科書が重たいから、教室から近いロッカーに目を付けた。起こったリンディは「ローガンがおむつしてる写真(7歳のときの)をネットにばらまく」とおどした。(#19「自転車で走れ」より)

 

 

リンディにいつも手を借りている。あまりにも甘えすぎなため、デリアの協力でリンディが世話焼きを卒業しようとしたことも。(#24「世話焼きリンディ」より)

タコスにジェリービーンズをかける系男子。(#25「イヌ派?ネコ派?」より)

ローガンにとって、誕生日は嬉しさ2分の1。いつもリンディと一緒にお祝いされるから。あまり興味がない。(#30「サプライズ・パーティー」)

未だに校内で迷子になることがある。(#32「恋のキューピッド」)

【ネタバレあり】ドラマ「やってないってば!」で好きなエピソード5選
こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。 今まで、ディズニー・チャンネルのドラマ「やってないってば!」のネタバレや感想を更新してきましたが… ここらで、私が個人的に好きなエピソ...




コメント

タイトルとURLをコピーしました