【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた

スポンサーリンク
男性歌手

こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

今回は、イギリス・ブライトン出身のバンド、As It Isの曲「Okay」を和訳してみました。

As It Is – Okay

昔のドラマやアニメの映像を切り貼りしたようなMVも特徴的。

レトロなモノクロ映像がかわいい。だけどどういうチョイスなのか、よくわからない…

歌詞には、アーティストならでは?の精神的な病みがそのまま描きだされています。

 



スポンサーリンク

「Okay」

I don’t know if I’ve been worse
I don’t know if I can change
But right now, I don’t think, I don’t think that I’m okay

I felt a year’s worth of hurt and sadness catching up with me
The sky I painted to silence the pain, it is bleeding into grey
I don’t know if I’ve been worse
I don’t know if I can change
But right now, I don’t think, I don’t think that I’m okay
I don’t think that I’m okay. I don’t think that I’m okay.

In unfamiliar, somber surroundings, confessing all of me
A perfect stranger, she puts pen to paper, consoling in her sleep
And how foreign it felt when I opened my mouth and heard the truth come out (I heard the truth come out)
I’ve been running away, a tired respite from pain
My only Novocaine (my only Novocaine)

I don’t know if I’ve been worse
I don’t know if I can change
But right now, I don’t think, I don’t think that I’m okay
I don’t think that I’m okay. I don’t think that I’m okay.

So keep your “It’ll get better’s” and I’ll keep my “I’ll be just fine’s”
I’ll show you flashes of colors and hide behind bouquets of lies
So keep your “It’ll get better’s” and I’ll keep my “I’ll be just fine’s” (I’ll be just fine)
I’ll show you flashes of colors and hide behind bouquets of lies

I don’t know if I’ve been worse
I don’t know if I can change
But right now, I don’t think, I don’t think that I’m okay
I don’t think that I’m okay. I don’t think that I’m okay.
I don’t think that I’m okay.

 

「Okay」和訳

僕がずっと調子がわるいままかなんて、僕は分からない
僕が変わることができるかどうかなんて、僕にはわからない
だけど今は、僕自身が大丈夫だとはとても思えないよ

この一年は傷つく価値があるとも、悲しみは僕に追いつくとも感じたし
この空のひどい灰色は、僕の静かなる痛みを描いたんだ
僕がずっと調子がわるいままかなんて、僕は分からない
僕が変わることができるかどうかなんて、僕にはわからない
だけど今は、僕自身が大丈夫だとはとても思えないよ
僕自身が大丈夫だとは思えないよ。僕自身が大丈夫だとは思えないよ。

不慣れな環境の、周りの景色はくすんでいて、僕のすべてを打ち明けている
完璧に他人の、彼女は紙の上にペンをおいて、眠りで自分を慰める
そして僕が自分の口を開き、口にした真実を聞くと、自分がよそ者のように感じた
疲れを癒すために、僕は痛みから逃げ続けている
それは僕にとってたったひとつのノボカインなんだ

僕がずっと調子がわるいままかなんて、僕は分からない
僕が変わることができるかどうかなんて、僕にはわからない
だけど今は、僕自身が大丈夫だとはとても思えないよ
僕自身が大丈夫だとは思えないよ。僕自身が大丈夫だとは思えないよ。

だから、君からの「きっとよくなるよ」と僕の「僕はきっと大丈夫さ」を信じる
僕はきらめく色を見せて、嘘を束ねたブーケの影に隠れるよ
だから、君からの「きっとよくなるよ」と僕の「僕はきっと大丈夫さ」を信じる
僕はきらめく色を見せて、嘘を束ねたブーケの影に隠れるよ

僕がずっと調子がわるいままかなんて、僕は分からない
僕が変わることができるかどうかなんて、僕にはわからない
だけど今は、僕自身が大丈夫だとはとても思えないよ
僕自身が大丈夫だとは思えないよ。僕自身が大丈夫だとは思えないよ。



僕の「ノボカイン」―アーティストとしての病みを表現した曲

歌詞に出てくる「Novocaine」という単語。

動詞でも形容詞でもないので、気になって調べてみると…

麻薬(コカイン)がわりに使われることもある、局部麻酔のことだそうです。

 

I’ve been running away, a tired respite from pain
My only Novocaine

(疲れを癒すために、僕は痛みから逃げ続けている
それは僕にとってたったひとつのノボカインなんだ)

と使われているので、ここでは逃げ続ける=自分にとって唯一のノボカイン、ということ。

とある「痛み」から逃げ続けることで、まるでノボカインを使っているときのように疲れからも目を背けることができるんだ、と解釈できます。ふむ

「逃げることは自分にとって麻薬代わりなんだ」と言えるくらいに追い詰められ、痛みを感じているのです。

アーティストとうつ病や精神がどのような関係にあるのか、を考えさせられるような歌詞。

 

実際、ボーカルのPatty Waltersは「自分がどう思っているかは置いておいて、これまでに経験した最悪の状況での内面を書き出した」と説明しています。

すすり鳴きながらただ自分と向き合い続けたそうです。

その年は、今まで以上にひどく苦しんでいたということも、周囲に打ち明けていたそうです。

相当、精神的にまいってたんだろうな…

 

ずっと調子がわるいままなのか、いつか変わることができるのか、わからない。

人生ってそんなものだとわかりつつも、わからないのは怖い。

 

「きっとよくなるよ」という周りの言葉と、「僕はきっと大丈夫さ」という言葉を言い聞かせながらもがくしかない。前に進めるかどうかはわからないけど、やれることを。

日本にいるとなじみのない単語からイメージをふくらませると、いろいろなことがわかるな、と思いました。

 

idobi Sessions: As It Is – "Okay"

 

こんな病みっぽい歌詞なのに、原曲のメロディーは明るい。

アコースティックギター一本での弾き語りになると、キーが低いからか、ぐっと渋い仕上がりに。

こっちのほうが、心の痛みやいろんな葛藤がぐっと伝わってくるような気がする。

しんとした空間に響く、やさしい声とメロディ。私はアコースティックバージョンもすきです。

 



ハンター・ヘイズ(Hunter Hayes)「You Should Be Loved」和訳(日本語訳)
ハンター・ヘイズの新曲「You Should Be Loved」の和訳をしてみました。今までのハンターになかった、渋めのラブソング。恋愛で傷ついた女子におすすめしたい曲です。

 

As It Isはもちろん、ヘビロテしたくなる洋楽が月額500円で聞き放題!
イヴ愛用の音楽ストリーミングサービス【dヒッツ】

4000万曲以上が聞き放題。プレイリストも作りやすいのでおすすめ!



 


海外ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] 【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた […]

  2. […] 【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた […]

  3. […] 【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた […]

  4. […] 【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた […]

  5. […] 【病みソング?】As It Isの「Okay」を和訳してみた […]

タイトルとURLをコピーしました