「うわさのツインズ リブとマディ」 #46「すれ違う2人(Continued-a-Rooney)」ネタバレと感想!!

スポンサーリンク
うわさのツインズ リブとマディ

こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

今回は、ダヴ・キャメロン主演のドラマ「うわさのツインズリブとマディ」の46話「すれ違う2人」のカンタンなネタバレと感想を紹介します。

 

 

ストーリーのはじまりは「最近、マディにはいろんなことが立て続けに起こった…」というジョーイのひとり語りから。

たしかに、ボーイフレンドのディギーがオーストラリアに留学することになったり、「俺たち別れたほうがいいな」って結論になったりして…

 

でも、ディギーはすぐにそれが間違いだと悟る。

リブに「マディとやり直したい」と告げるも、マディとディギーが仲直りするタイミングをジョーイが邪魔して…

学校でチームの優勝パーティーのあと、マディは留学直前のディギーのもとへ走るも…!?

 

なんだか心がざわつくはじまりですね。

 




 

スポンサーリンク

ディギーを追いかけて、マディは…

 

 

ディギーの本音を知ったリブは、マディを探し回ってます。家のリビングではパーカーが驚いた顔。「それどころじゃない!『リンダとヘザー』の最終話が知りたいことがわかんないまま終わっちゃったんだ!」と。

彼にとってなくてはならない女の子向けドラマのこと(笑)

 

そこに、落ち込んだ顔で戻ってきたマディ。ディギーとは会えず。

彼はもうオーストラリア留学へ向け空港に行ったのです。リブは「彼ならこう言う…運命だったのよ」となぐさめます。

運命、と聞きディギーと会うのを邪魔したジョーイに怒りが爆発のマディ。

彼女のスマホは、ジョーイのせいで開かなくなった学校のロッカーの中。

これじゃあディギーに電話できないし。フルボッコ覚悟で重装備のジョーイが階段から現れます(笑)

 

でも聞いて、と話しはじめたジョーイ。「ディギーがオーストラリアに経つ前に会えるかもしれないんだ」って。どういうこと?

 

というのも、ディギーはロサンゼルス経由でオーストラリアへ行く予定。

LAを経つのは明日の朝だから「今すぐ僕と飛行機に飛び乗れば追いつくよ!」とジョーイは提案します。

え、ジョーイも一緒に行くの(笑)リブは「行かなきゃだめよ」と後押し。

パパたちは許してくれない、と言っても「パパたちは私に任せて。行って!」と。

マディとジョーイ、急いでLAへ向かいます!

パーカーは見物気分で楽しそう(笑)「きっとすごいドラマになるに違いない!」って。

 

 

作戦は「マディはひどく落ち込んで部屋に閉じこもって、リブ以外とは会わない」ってことに。

 

でも、ママは「マディはどこ?ディギーとどうなったか聞きたい」って。部屋にはマディがいないことを確認済み。

とっさに「キッチンにいる」とごまかすけど…!?

 

リブ、マディの声マネはさすがです(笑)ママを安心させるためにマディとの掛け合いまで再現(笑)

そんな危機的状況のリブに、マネージャーのベッキーから電話。

なんと有名コミック「ボルテージ」主演のオファーが!パーカーも大好きなコミックです。

電気を操る力を手に入れ、世界を救う女子高生ヒーローの物語です。

「ハリウッドがあなたの帰りを待ってるわ!」と言われたけど、リブは「高校最後の年はスティーブンスポイントで過ごしたいの」と答えました。

 



 

追いかけても追いかけてもすれ違う2人

 

いっぽう、あわててLA国際空港に到着したマディとジョーイ。

やけにテンションが高い空港スタッフに「オーストラリア行きに乗る乗客を呼んでほしいの」と頼むと「2時間前に飛び立った」と回答が。

え、どういうこと?

 

どうやらジョーイが把握していたフライトの番号と時間が違ったみたい。

「これでディギーに会える確率は、完全にゼロになったってことだよね」とジョーイをにらみつけます。

 

 

家では、傷ついてキッチンにひきこもっている(と信じる)マディに、ドア越しで話しかけ続けるパパとママ。

リブの演技でなんとかごまかしてるものの…

 

パーカーが面白半分で「予想外の出来事があるともっといいんだけど…」とつぶやくと、玄関のインターホンが鳴る音。

ドアの向こうにはなんとディギー!リブとパーカーもいそいでキッチンからかけつけます。

 

息をのむリブ。ディギーは「マディに会いに戻ってきた」と告げます。これは思わぬストーリーになりそう…!

 



 

【ネタバレ】すれ違う2人の結末

 

 

もちろん「マディもきっと喜ぶわ。ずっと落ち込んでたから…」とディギーを歓迎する両親だけど、マディは家にいない…

両親だけにはホントのことを知られまい、と「私がディギーと一緒に(キッチンへ)行って、動揺しないように、気を、配るわ」って提案したリブ。

キッチンにディギーを連れていくと、彼の口をおさえて「おー!いえー!ディギー!!来てくれて嬉しいよ!マディだよ!」「ママ!パパ!ディギーとマディがハグしてるわ!よかった!」

パニックのディギーに、マディがロサンゼルスへ行ったことを伝えると、ディギーもうろたえた様子。

でも、お互い「会いたい」ってのがわかり、ちょっとうれしそう。どうしても会いたくて、ふたりとも国を横断したんだから。

 

LAの空港で旅行気分のジョーイと、マディの手には…オーストラリア行きのチケット!?

会って話をしないとどうしても気が収まらない」って。

そのことを伝えようとジョーイのスマホでリブに電話。

「オーストラリアに行くことにした」と伝えた瞬間、電池切れ…

ディギーもそのことを知って驚いてるけど、マディにはディギーの居場所のこと伝えられず。

 

すると、今度はマネージャーのベッキーが訪ねてくる。

「何がいったいどうなってるんだ?」とディギー、未だに状況がわかんないみたい(笑)

LAにいたはずのベッキーがなぜここに?

 

どうやら恋人の操縦で、軍の戦闘機でやって来たとか(笑)

彼女の交渉で、ドラマ「ボルテージ」の撮影場所が地元・ウィスコンシン州になったことをリブに伝えに来たんです

ママもパパも大喜び。

 

もちろん「ホントにすごいわ!マディにも知らせなきゃ!」とあわててキッチンへ向かうママ…

そこにいたのは、冷蔵庫の掃除をするディギー。

マディは、いったい、どこに、いるの?」とリブを問い詰めるママ。

マディは、もしかすると…オーストラリアに、向かってる、途中かも…」としどろもどろに答えるリブ。これは一大事…

 

 

ママ、LAの空港の人に電話で「マディを絶対国から出さないようにして」って頼んだらしいけど…

今日はもうLAへ行くフライトがないんだって。

今後10年間外出禁止」を言い渡されるリブ(笑)これじゃあ「ボルテージ」の撮影に行けないよね(笑)

その契約の話になると、パパは「お前がしたことはとんでもないことだが、応援するよ」とリブを後押し。すごい役が決まっちゃったリブ!

契約書にサインして、すぐにLAに戻らなきゃいけないベッキー。ん、ってことは…?

 




 

 

LAの空港でオーストラリア行きのフライトを待つマディ。

「ディギーを追ってオーストラリアに行くなんてどうかしてるよね」って。

「もしかして、なかなかディギーに会えないのは、会うなって意味かも…会って、さよならが言いたかったな」と、らしくなく弱気。

ジョーイはロバート・ダウニー・ジュニアを見かけてテンション上がってるし(笑)

 

お疲れなマディの後ろに、なんとウィスコンシンにいるはずのディギーが登場!

マディの後ろ姿に呼びかけると、マディも後ろを向いて、なんとイスを飛び越えて(笑)ふたり抱き合います!

マネージャーのベッキーの飛行機に乗って、ここまでディギーはやって来たんです。

 

マディはLAに駆けつけてまで、ディギーは出発を遅らせてまで、お互い会いたかったことを確認。

ディギーは「君のために、こっちに残る」と伝えるけど、マディは「行くべきだと思う。だってそれが夢なんでしょ?諦めてほしくない。今はさよならを言うべきだと思う」と答えました。

とはいえ、これからもずっと友達。「二人が友達以上になるかどうかは、ディギーが戻ってきたときに…」ってことになりました。

 

 

そして「さよならをするまえにひとつだけ、したいことがある」とお互いキスをしようとしたところに…ジョーイがハイテンションで戻ってきました(笑)とんだ邪魔者ですね。

マディとジョーイも、ウィスコンシン州に戻らなきゃ。ロマンチックな「さよなら」にはならなかったけど…ね。

 

最後は、ちゃんとなごやかな感じでさよならできた二人。まだまだ、マディとディギーの関係は見逃せないですね。

 

うわさのツインズ リブとマディ #52「大切なチームメイト(Meatball-a-Rooney)」のネタバレと感想
こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。 今回は、ドラマ「うわさのツインズ リブとマディ」52話「大切なチームメイト(Meatball-a-Rooney)」のネタバレと感想を...

コメント

タイトルとURLをコピーしました