ティーン・スパイK.C. #32「秘密を知りたい?」ネタバレと感想!

スポンサーリンク
ティーン・スパイK.C.

こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

 

今回は、ゼンデイヤ主演のドラマ ティーン・スパイK.C.の32話「秘密を知りたい?」のネタバレと感想です。

 

最近、ケイシーはイケてる男子・ダリエンとイイ感じなんです。
今度は恋にまっしぐら!!

いっぽうで、もう一つのストーリーが大きく動こうとしてるみたい…

 




 

スポンサーリンク

ダリエンと土曜日にデート!

 

 

やっぱり、気になるダリエンの前ではぎくしゃくなケイシー。それでも土曜日、デートの約束をしたみたい。

うれしそうに「頼むから大騒ぎしないでほしいんだけど…土曜日、彼と正式にデートする」ってマリサにも報告。

もちろんマリサは大騒ぎしないわけがなく(笑)

でも、ケイシーには心配ごとが。「一度もデートしたことがないから…」って。今までのデートはぜんぶ任務やケイシーの妄想(笑)

だからです。

 

ケイシーにいとこが!?

 

 

おうちでパパにデートのこと報告しても「前にお前が恋した相手は、お前を消そうとした。どんなヤツでもそれよりはマシだろ?」って本気にしてくれなかったケイシー。

うんざり顔のケイシーのもとに、とあるお客さんが訪ねてきます。

 

彼女はアビー・マーチンという女の子。シカゴから引っ越してきたばかりなんだって。

ケイシーは誰なのか分かってないけど、彼女いわく「私たち親戚かも」だって。ケイシーは初耳みたいですが…

アビーは「パパが最近亡くなって、ママのこと何も知らないから、どんな人かって調べ始めたの。そしたらここにたどり着いた」んだって。

彼女のママは小さいころに亡くなってて、ケイシーのママ・キラがその妹かもしれないとのこと。

ママを探してるみたいです。たしか、ケイシーのママにはお姉さんはいないはずだけど…?

本当に心当たりがないので「探してるのは別のキラ・クーパーじゃない?でも、がんばって」と告げると、アビーは去って行きました。

 

すると、様子を見に来たママ。ケイシーがさっきのことを告げると「…実はね、ああ、話があるの」と話を切り出します。

次の場面では「私が知らないおばさんがいたなんて信じられない!こんな大切なことなんで今まで教えてくれなかったの!?」と怒るケイシー。もちろんパパも。

どうやら家で家族会議が始まったもようです。

真実をママが話そうとすると、ロボットのジュディが代わりに話し始めました。

だって彼女のデータの中にも入ってるから。

とはいえ本人のママが説明することに。

 



 

かいつまんで言うと…

 

ママの姉・エリカはかつて家族の厄介者だった。ママともうまくいってなかったんです。

エリカは、両親と妹に復讐するためアザーサイドに入りました。

やむなく両親は、彼女の存在した証拠も消去することに。でもママは子ども時代の写真を何枚かとっておいた。

どんな人であっても自分の姉だから…

 

ジュディをプロジェクターにし、自分のパソコンにアクセスして昔の写真を映し出したママ。

エリカのことを愛していたけど、彼女は家族の中で浮いていた。アーニーはその気持ちがよくわかるみたい。

学校を卒業後、ママは両親と同じスパイに。エリカはそれを知ってのけ者にされた気持ちになったんだろうね、と振り返りました。

 

同じ家族だって知られるのが恥ずかしいくらい、エリカは変わっていて。

彼女がアザーサイドへ入ってからは、一言も話してないらしい。かれこれ20年も前の話…

「忘れてもいいかもしれない、もう亡くなったんだし…」と締めくくりました。

でも、さっき訪ねてきたアビーがいるよね。「親戚なんだから連絡してあげれば?」とケイシーはアドバイスしたけど、ママはかたくな。

絶対ダメ。何か嫌な予感がするから…」と。無理やり話を終えました。

 




 

ケイシーのデートの行方は任務後!?

 

気を取り直し、土曜日当日。デートのことをマリサに相談しています。

「もし気を失って倒れたら?」「退屈だって思われたら?」って調子です。

人気者・ダリエンに話しかけられてなぜか学校でちやほやされるようになったアーニーも「マリサ!助けてやってよ!」とかなり本気です(笑)

マリサは、ダリエンの趣味や好きなことをよく調べておくことをアドバイス。

失敗したときのために、彼の気を引ける話も用意するようにと。

できれば小さな動物が出てくるような、ケイシーがやさしくて傷つきやすい女子だって印象を与えるような話(笑)

 

デート目前、ヘアスタイルを入念にととのえるケイシー。ママも絶賛の美しさです。

忠告をしに来たみたいだけど、どこか的外れ。

「いいのママ、緊張してるのにこれ以上聞くとワキに汗かいちゃう…」ってケイシー(笑)

デートでそわそわするケイシーを見ながら、ママはやはり姉のエリカにそうされたことを思い出してるみたい。やっぱり気になってるんだ…

ケイシーがそれを指摘しても、ママは相変わらず。それに、アビーがホントに彼女のめいだって証明できるものもないし…

ほんとにイヤな予感しかしないみたい。

 

もう、ダリエンについてはしっかり予習OKなケイシー。

その後、アーニーとリビングで復習してると、パパが「至急やってもらいたい任務」を持ってきました。もう(笑)

ケイシーはデートを優先させようとするけど、有無をいわさず任務へ…

組織のエージェントがアザーサイドにつかまったので、拘束されている建物に潜入。

ケイシーはバンにいるパパからの「待て」という指令を無視して、そのまま部屋へ突入しました。

だってこのあとはデートだもん。早く終わらせなきゃ!

 

そこには、頭から袋をかぶせられて捕まったエージェントと、両脇に立つ敵ふたり。

ケイシーの投げた武器を受け取って、敵は電気ショック状態に。もう一人も窓へ蹴り飛ばす。

すると他の敵が後ろから襲い掛かってくる!銃を奪われ、壁に追い込まれもう絶体絶命!?

ここで終わらないのがケイシー。すぐにアクロバットな技でのがれます。でも、敵のふたりにまた壁ぎわにじりじり詰め寄られ…

パパからの応答にも応えないケイシー。もうダメかと思いきや、すぐパパのいるバンに戻ってきました(笑)

ケガせず無事にエージェントを救出したけど、パパはヒヤヒヤしてたみたい。

 



 

本当のケイシー

 

 

いっぽう、レストランでケイシーのことを今か今かと待つダリエン。かなり遅刻してるみたい。

ようやく到着したケイシー、さっきの予習を活かして「あんたが何を注文するか分かってる…サーモンフライ」と当てにいくけど、ここはピザの店ですよ(笑)

やばい、しっかり予習しすぎて、彼が話す前に彼の好きなアレコレを話し始めちゃうケイシー。

なんか気持ち悪い…「俺の好きなものを適当に並べてる」と、ネットで調べあげたことをダリエンに感づかれちゃったし。

もうダメだとおもって、さっきマリサから聞いた「ダリエンの気を引く話」をおもむろに始めちゃうし。もう、ダメダメ(笑)

 

ちぐはぐなデートの後、ダリエンに家まで送ってもらったケイシー。

ふたりとも苦笑いで「最悪だったよね。あんたのことが本当に大好きなのに、生まれてはじめてのデートで台無し…」とケイシーは本音を告げました。

すると、ダリエンは嬉しそうに、ケイシーが言ったことをひとつずつ繰り返して「俺もキミが好きだ!本当のケイシーを、知りたい」と告げました。

ケイシーはもうつくろうのをやめて「私が思っている本当のケイシーはこんな子よ…家族のことをとっても大切に思ってる。世界で一番大切なものだから…」と家族に対しての気持ちを伝えました。

うん、正直なケイシーがいちばん好印象だ。

「またデートしたいと思う…でも、今は家族のひとりと話さなきゃ」と走って家を後にしたケイシー。

すぐさまニヤニヤしたアーニーが出てきて「それで~?デート、どうだった?」と聞きます(笑)相変わらずです。

 

 

ケイシーが向かったのは、ハワード大学の寮。そう、自分のいとこかもしれないアビーのもとへ…

 

ケイシーの恋が動き出したと思ったら、急に自分のいとこかもしれない女の子・アビーの登場。

ストーリーはこれからも続くようです。

 

ティーン・スパイK.C. #14「休暇を返して!」ネタバレと感想!
こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。 今回は、ドラマ「ティーン・スパイK.C.」の14話、「休暇を返して!」のネタバレと感想です。 リビングで、アーニーに「...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました