オースティン&アリーの「I Got That Rock and Roll」を和訳してみた-生粋のロックンローラー

スポンサーリンク
オースティン&アリー

こんにちは!洋楽の和訳に挑戦中のイヴです。

今回は、オースティン&アリーの挿入歌「I Got That Rock and Roll」を和訳してみました。

Austin & Ally – Beach Bums & Bling – I Got That Rock And Roll

オースティン役のロス・リンチが披露。

小さいころからロックが大好きなオースティンの生きざまというか、魂を歌詞にしたような曲です。

スポンサーリンク

「I Got That Rock and Roll」和訳


I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラー、そうさ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll

ロックンロールしよう

Oh!

When I’m walking down the street, it’s like a show

通りを歩いているときもショーみたいなものさ

I got that rock and roll, I got that rock and roll

だって僕はロックンローラーだから、ロックだから

I see ‘em staring at me everywhere I go

どこへいっても僕を見つめているのさ

I got that rock and roll, I got that rock and roll

だってロックンロール、ロックンローラーだから

It’s a whole new level of attention

それはマジで新しい注目の的だって

Hey girls did I mention

彼女はそう言ったんだ

I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラー、そうさ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックンロールさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll

ロックンロールしよう

Uh!

Every person that I meet, they gonna know

僕が会ったヤツらみんな、知ってる

I got that rock and roll, I got that rock and roll

僕がロックンローラーだって、そうロックンロールしよう

They all be freakin’ every time I say hello

僕が声をかけるたびにみんなマジで

I got that rock and roll, I got that rock and roll

僕はロックンローラー、そうロックなんだ

It’s a whole new level of attention

新しい注目の的だってさ、マジで

Hey girls did I mention

彼女はそう言った

I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラー、そうさ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックンロールさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll

ロックンロールしよう

Ha!

I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラー、そうさ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックンロールさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラーだから、ねえ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックンロールさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll, yeah yeah

僕はロックンローラーだから、ねえ

I’ll make you lose control, yeah yeah

キミを狂わせるようなロックンロールさ、ねえ

C’mon and dance to my flow, yeah yeah

おいで、僕にあわせて踊ってよ、

‘Cause I got what I got, don’t you know

だって僕は手に入れたんだ、キミは知らないだろうけど

I got that rock and roll, ha

僕は生粋のロックンローラーさ

スポンサーリンク

「I Got That Rock and Roll」和訳メモ

level of attention:注目の的、注目度の高い

freakin’:すごく、きわめて

エレキギターの音が効いていて、それでいて踊りたくなるような曲ですね。

スポンサーリンク

オースティン&アリー「アリー、コーチになる(Moon Week & Mentors)」のあらすじ

この曲は、シーズン2の43話「アリー、コーチになる」で披露されました。。

とあるオーディション番組で、審査員を務めることになったオースティンとアリー。

審査員は気に入った出場者のコーチになって、トップアーティストに育てあげるという企画です。

(アメリカズ・ゴッド・タレントみたいな)

出場者はみんなオースティンの曲を披露。実力者がどんどん出てきましたが、慎重派なアリーはなかなか「キミに決めた!」と言えず。

そんな中、ルーシーというちいさな少女が。どう見ても気弱で、歌声も小さくて…

オースティンは「この子はだれにも選ばれないな」というけど、アリーは「決めた!」とルーシーのコーチに。

ルーシーとの練習はとても大変なものでした。

それに自信がない。なかなか大きな歌声も出ません。トリッシュやデズの協力を得ながら(笑)

うつむいて歌うから、犬用のエリザベスカラーをつけさせられたことも。

ステージで披露する曲選びでもひと悶着。ルーシーは「これが自分!」がいい、アリーは「下を向くな」がいい。

オースティンは「本人が歌いたい曲を」というけど…

アリーの言うことを聞いて、見た目も変えて生まれ変わったルーシー。

ステージで「元の自分が好きだったけど、アリーにダメって言われて。成功するためには自分を捨てろって!」とバッサリ(笑)ルーシーを助けたかっただけなのに、アリーのやったことは裏目に出てるみたい。

しまいには「ここに来たときのルーシーはお笑い担当だった」とひどいことを言ってしまい、ルーシーはショックで逃げ出してしまい…

アリーはすなおに謝罪し、「あなたを誇りに思う」と伝えました。もとの姿でステージに戻ったルーシー。

Sabrina Carpenter – Who I Am HD

もともと自分が歌いたかった「これが自分!」を自信たっぷりに披露したのでした。

ルーシーが披露したのは「これが自分!」でしたが、

その後、順位発表の間に「ムーン・ウィーク」をしめくくる曲として、オースティンが披露したのが「I Got That Rock’n Roll(俺はロックンローラーだ)」でした。

Austin & Ally | I've Got That Rock & Roll Song | Official Disney Channel UK

学生服風ながら、赤いジャケットが決まっていましたね。

実はルーシーを演じているのはサブリナ・カーペンター「ガール・ミーツ・ワールド」出演前の姿ですが、すでに歌唱力とダンス力の高さは健在です。

オースティン&アリー41話「伝説のロックスター(Beach Bums & Bling)」のあらすじ

私は「アリー、コーチになる」のほうが印象的でしたが…

初出エピソードは41話の「伝説のロックスター(Beach Bums & Bling)」でした。

Austin Moon (Ross Lynch) – I Got That Rock'n Roll [HD]

こっちもバンドを引き連れ、革ジャンでかっこよく決めてます。パワフルなパフォーマンスはオースティンの専売特許。

エレキギターのソロ部分で、オースティンが幼少期からあこがれていたジャクソン・ロウが登場!

いっそう盛り上がります。

でも、このパフォーマンスまでには紆余曲折が…

オースティンがあんなにあこがれていたジャクソン・ロウは、今ではマイアミモールで小銭を稼ぐストリートミュージシャンに…

だから「伝説の」なんだと思います。

不びんに思ったオースティンは、ふたたび彼をメジャーに!

とプロジェクトを開始。このステージでのコラボレーションもプロジェクトの一環でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました