やってないってば!#24「世話焼きリンディ」ネタバレと感想!

スポンサーリンク
やってないってば!

こんにちわ!ディズニー・チャンネルのドラマがだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

 

今回は、ドラマ「やってないってば!」の24話「世話焼きリンディ」のネタバレと感想です。

おせっかいだったり、おしゃべりたったりして、いつもトラブルに巻き込まれちゃうリンディ(オリビア・ホルト)。
さらに「世話焼き」な一面も発揮して、タイヘンすぎる!?

 

さて、ストーリーはここから。

 

 

ランブルジュースで勉強中のリンディとデリア。
そこにやって来たローガン。

ローガンも、大事なテストに向けて勉強しなきゃってあせってます。

リンディに「問題出してよ」って頼むけど、もう、ちんぷんかんぷんな答えばかりして全然頭に入ってない。

デリアは大爆笑。だってローガンは「大覚醒とは何か?」って問題に「目覚まし時計が発明されたこと」って回答してるもん。

そりゃそうだ(笑)

こんな感じで、24話も始まり!

 




 

スポンサーリンク

数学チームに入りたいジャスミンと、世話焼きをやめたいリンディ

 

 

ランブルジュースでバイトするギャレットのもとへやって来たジャスミン。

さっそく「ギャレットのエプロン姿素敵ね」って褒めてます。

対して「狙いはなんだ?」ってうたぐり深いギャレット。

ジャスミン、友達をほめただけって言いながらも「…頼みがあるの」って(笑)[

学校の数学チームに入ってるギャレットに「チームに入りたいの」って頼んだのです。

ギャレットいわく、女子が数学チームに入りたがるなんて初めてなんだって。

でも「数学が得意な女子だっている」って、ジャスミンは反論。そうだ、この子勉強できる子や…

そして、ジャスミンの要求を受け入れたギャレット。次の日から練習に合流することに。

「チームにとって大きな足し算になるわね。戦力として計算できる」って自信満々なジャスミンに「後悔させないでよ」って念押しするギャレット。

この足し算、うまくいくのかな?

 

 

心理学を駆使して、世話焼きリンディを卒業!

 

 

ランブルジュースで勉強中のほか3名。

ローガンの面倒を見るリンディをみかねて「何でもやってあげてたら、ローガンは自分じゃなんにもできなくなっちゃうよ」と忠告するデリア。

でも「ちょっと大げさじゃない?面倒を見てるだけ、双子なんだもん。デリアが言うほどダメダメじゃないよ」って様子のリンディ。

だけど実際は、スムージーに残ったかたまりも自分だけじゃどうにもできない。やれやれ顔のデリアです。

 

次の日もランブルジュースで勉強中のデリア。

いきなり「やっぱりデリアがただしい」とやって来たリンディ。

何のコトかと思ったら、ようやくリンディはローガンを手伝いすぎだと気づいたんだって。

夢で、何もできない大人になっちゃったローガンが出てきたから。しかも夢の中では、彼は脳外科医(笑)

脳外科医になれたのは、リンディが何もかもしてあげてたからってこと。

リンディはパイナップルを食べて寝ると、よく変な夢を見る体質なんです。

手伝いすぎをやめるため、デリアに手を借りることになりました。この双子、典型的な共依存だから。

 

 

ファーストステップ。

ロッカーの暗証番号を忘れたローガンに対して。

いつもなら、暗証番号を教えてあげるはずだけど。リンディは「ごめん、もう手は貸せない」と一言。

「なんでもやってあげてたらローガンのためにはならない」ってね。

それに対して「いつも助け合ってるだろ?双子なんだから」って返すローガン。

 

気持ちがゆらぐリンディだけど、デリアに「心を鬼に!」って言われ「自分でやれマヌケ!」って(笑)。

果たして、ローガンに対して心を鬼にし続けることはできるのでしょうか?

 

 

ジャスミン、数学チームをぶっ壊す!?

 

 

いざ、ジャスミンは数学チームでの初練習。今までいなかった女子メンバーの加入に、あ然とするチームのメンバーたち。

でも実際は「ポーラ」という女子メンバーがすでにいて。ギャレットが忘れてただけ(笑)

今度の土曜の試合に向けて、練習開始です。

ノーマンという男子メンバーとペアを組んで、練習を始めたジャスミン。

だけど肝心のノーマンはがっちがち。緊張しっぱなしです。

ろくに目もあわせない。ギャレットに「会話できる子と組ませて…」とSOSを出すしかないよね。

ギャレットとしては「内気なだけ」って。気を取り直して再チャレンジ。

「一緒に数学をやるわけだから、しっかりコミュニケーションをとらないとね」ってジャスミンがリードしてあげてる。

でもノーマンは女子と話すのが苦手。そこで「あなたと話したいって女子もいる。私はあなたと話せてうれしい…その前髪と、セーターと、計算機ホルスターがなければなって」と伝えてみる。

彼もうれしそう、ぎこちなくだけど。

試合に向けた練習のはずなのに、なぜか人見知りを治すためのレッスンに!?

 

 

レッスン中のふたりにあわせてられないと、試合に向けての練習を続けるギャレットたち。

そこにやって来たのはジャスミン。あれ、ノーマンは?というメンバーたちの目線(笑)

 

すると、次に来たのはノーマン。でも明らかにイメチェンしてる。さわやかなクールボーイです。

これってどういうこと?」とざわつくメンバーに対して「自信を持たせてくれた。もう前髪に隠れる必要はない」ってノーマン。

しかも大事な計算機も忘れてきて、「もう必要ない。人生は数学だけじゃないって気づいたんだ」って自信満々に。

他のメンツも「こんな風になりたい!」と興味津々。

みんな、試合に向けた練習どころじゃなくなっちゃった。みんなしてノーマンのにおいかいでるし(笑)

 

次の日、ジャスミンが練習に行くと、部屋にはギャレット以外誰もいない。

だってみんなチームをやめたから。自信をつけたら、数学をやる必要はなくなったって気持ちになったらしい。

ジャスミンはチームのためだと思ってやったのに…「みんなを人間に変えたくせに!必要なのは人間より数学マシンだ!」って怒るギャレット。

ふたりで次の試合はがんばろう、っていうジャスミンに「無理だね!チームをつぶしてくれてありがとう」って言い残し、ギャレットもいなくなりました。

しかたなしに始めたことだったのに…友情にもヒビが入っちゃったみたい。
ふたりの友情のゆくえはどうなるの?

 




 

ギャレットへのおわびに、ジャスミンがしたこと

 

 

ギャレットにあやまるため、彼を呼び出したジャスミン。

ほかのメンツは出会いを求めて(笑)コミックブックの店。

「チームをつぶすつもりはなかったの。ギャレットを傷つけたりしない」ってジャスミンはすなおに謝りました。

すると「わかってる。やめたみんなの気持ちもわかるよ」ってギャレット。

だって彼も、むかしジャスミンにくせ毛のなおし方を教えてもらい、自信を持てたから。

お互い仲直りしたところで、ジャスミンが部屋に呼んだのは、数学が得意な女子たち!

しかもかわいい。あ、元からいたポーラっていう女子も戻ってきました。このメンツで、試合にのぞむことになりました。

会場までのバスの中、いいにおいだろうな…」ってもう、ギャレットってば(笑)

いろいろあったけど、ジャスミンがチームメイトをそろえてくれたから問題なし!?

そう、数学が得意なのは男子だけじゃないんだよ。

 

やってないってば! #22「モスキートとマスクラット」のネタバレと感想!
今回は、オリビア・ホルト主演の「やってないってば!」22話「モスキートとマスクラット」のネタバレと、感想をお届け♡ 高校のバスケチームの応援に来た、リンディたち5人。ジャスミンは応援部の副部長です。 特にリンディは、とても負けず...

 

 




コメント

タイトルとURLをコピーしました