The Tideの「Hotel Room」を和訳してみた―スポットライトの下で過ごす彼らだから

スポンサーリンク
男性歌手

こんにちわ!洋楽がだいすきなイヴ(@DCdramaloud)です。

今回は、だいすきなThe Tideの「Hotel Room」を和訳してみました。

The Tide – Hotel Room (Audio)

2015年に発表された「Young Love」の収録曲。
冒頭から、メインボーカルのオースティンの声とシンプルなギターサウンドで聞かせてくれる。

しっとりめの曲です。

 

スポットライトの下で生きるThe Tideならではの歌詞のような。




スポンサーリンク

「Hotel Room」

Oh I’m lying in the bed of my hotel room
Wondering why I never felt this way before
But if I died then I’d just take my favourite sweater from my drawer
And never, never ask for more

I’ve been in London quite a few times
So many times, so many times
I never thought I’d go this far
Looking back, I can’t stop now
So many times, so many times
I never thought

Under the spotlight, living the high life
Oh I can’t stop now, no I can’t stop now
Under the spotlight, living the high life
Oh I can’t stop now, no I can’t stop now

So I’m lying in the bed of my hotel room
Wondering why I never felt this way before
And if I died then I’d just take my favourite sweater from my drawer
And never, never ask for more
Never ask for

Looking back at all I’ve done now
So many times, so many times
I never thought

Under the spotlight, living the high life
Oh I can’t stop now, oh I can’t stop now
Under the spotlight, living the high life
Oh I can’t stop now, oh I can’t stop now

So I’m lying in the bed of my hotel room
Wondering why I never felt this way before
And if I died then I’d just take my favourite sweater from my drawer
And never, never ask for more
Never ask for

Oh I’m lying in the bed of my hotel room
Wondering why I never felt this way before

 

「Hotel Room」和訳

ああ、僕はホテルの部屋のベッドで横たわっている
なんで僕は今までこの気持ちを感じなかったんだ?
もし僕が死んだら、引き出しからお気に入りのセーターを取り出すだけさ
決して、決してこれ以上を求めないから

僕はかなり長いことロンドンにいた
何度も、何度も
僕は遠くへ行こうとは決して思わなかったんだ
振り返っても、今僕は止まれない
何度も、何度も
思わなかったんだ

スポットライトの下で、ぜいたくな生活をおくる
ああ僕を止めることはできない、止まることができない
スポットライトの下で、ぜいたくな生活を生きる
ああ僕を止めることはできない、止まることはできない

だから僕は、ホテルの部屋のベッドで横たわっている
なんで僕は今までこの気持ちを感じなかったんだ?
もし僕が死んだら、引き出しからお気に入りのセーターを取り出すだけさ
決して、決してこれ以上を求めないから
決して求めないから

今、やったことをすべて振り返る
何度も、何度も
決して考えなかったんだ

スポットライトの下で、ぜいたくな生活をおくる
ああ僕を止めることはできない、止まることができない
スポットライトの下で、ぜいたくな生活を生きる
ああ僕を止めることはできない、止まることはできない

だから僕は、ホテルの部屋のベッドで横たわっている
なんで僕は今までこの気持ちを感じなかったんだ?
もし僕が死んだら、引き出しからお気に入りのセーターを取り出すだけさ
決して、決してこれ以上を求めないから
決して求めないから

だから僕は、ホテルの部屋のベッドで横たわっている
なんで僕は今までこの気持ちを感じなかったんだ?

 




「Hotel Room」を和訳してみて―何もしないで、横たわって過ごすような気持ち

全世界のティーンから大人気で、忙しい日々を送るThe Tide。

彼らにも、ホテルのベッドで横たわって(たぶん無表情)、今の生活のことをふと考える時間があるのでしょうか。

スポットライトの下で生活する彼らならではの苦悩も、ちょっとにじみ出ているような歌詞でした。

 

忙しすぎると、何もしたくない、考えたくない時間ってありますよね…(笑)

The Tideの「Put The Cuffs On Me」を和訳してみた―束縛されたい、
こんにちわ!洋楽の和訳に挑戦中のイヴ(@DCdramaloud)です。 今回は、The Vampsのサポートも務めるバンド、The Tideの「Put The Cuffs On Me」を和訳してみました。 「Pu...

 




The TideやNew Hope Club やSabrina Carpenter、The Vampsの曲が月額500円で聞き放題!?
イヴ愛用の音楽ストリーミングサービス【dヒッツ】

4000万曲以上が聞き放題。プレイリストも作りやすいのでおすすめ!



 


海外ドラマランキング

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました