Sabrina Carpenterがカバーした「Blueberries」を和訳してみたー

スポンサーリンク
サブリナ・カーペンター

こんにちは!洋楽の和訳に挑戦中のイヴです。

今回は、Sabrina Carpenterがカバーした「Blueberries」という曲を和訳してみました。

Blueberries

ディズニー+で見れる、サブリナ出演中の映画「クラウズ~雲の彼方へ~」の劇中歌。

スポンサーリンク

「Blueberries」和訳

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

シンギュラー・アクト 1 [ サブリナ・カーペンター ]
価格:2420円(税込、送料無料) (2020/11/13時点)


Dandelions are going to seed

タンポポは種になろうとしている

It’s my soul I need to feed

それは私の魂ね、必要なの

Trees stand so tall and bare

高い木々は葉をまとわずに

And here I stand without a care

私は気にせずにそこに立っている

Pumpkin seeds stuck in my teeth

カボチャの種は歯にはさまるし

There’s something more I need to be

私はもっと何かしなくちゃって

More than just a silly girl

ただの愚かな女の子よりも

Waiting for the sun to hurl

太陽を浴びるのを待つの

Rays of sunlight

太陽の光が昇る

Down the sidewalk, down on me

歩道を下っていって、私に向かって

Casting light on

光に当たるの

The turning leaves and what I’m supposed to see

しわしわの葉と私が目にすることになるもの

Winter’s here and settled in

冬はやってきたというのに

But where are you? I can’t begin

あなたはどこにいるの?始まらないじゃない

To imagine where I went wrong

私がした悪いことを想像するけど

Perhaps it was when I started this song

たぶん、この曲がスタートしたことだと思うわ

Rays of sunlight

太陽の光が昇って

Reflecting off the snowflakes

雪の結晶に反射する

There are no more crinkly leaves

しわしわの葉っぱはここにはもうないわ

I need to rake

落ち葉をかき集めなきゃ

There’s a chance

これはチャンスよ

A chance I need to take

チャンスは手にしなきゃ

Birds and bees are here again

小鳥とミツバチが再びやって来て

We haven’t talked since God knows when

私たちは特に話さなかった、神様は知ってるから

I like to dance in the sprouting grass

私が草原の中で踊るのが好きだって

If it snows again, then I’ll have to ask

もしまた雪が降ったら、私は尋ねるつもりよ

Why the hell are

なんで、なんでなの

The seasons fickle just like you?

季節はあなたみたいに気まぐれなの

Rip my heart in half

半分になっちゃった心を

I’ll stitch it up if it’s certain we are through

私は縫い合わせるつもり、もし私たちの関係が終わったと確信したら

Junebugs, butterflies, sand in my pants

葉虫、ちょうちょ、私のズボンの中の砂

Midnight moon and those pesky little ants

月夜と小さくてやっかいなアリたち

You’re here once more to try your luck

あなたはもう一度運試しするためにここにいるの

Well, I’m done with you, you sneaky little

まあ、私はあなたで最後だけど、あなたはちょっとひどいのよね

Now it’s over

今、終わった

There’s nothing left for us to do

私たちがすることは何もないわ

Besides acknowledging the repelling forces

反発力を認める以外のことは

That are me and you

それは、私とあなたのことね

スポンサーリンク

「Blueberries」和訳メモ

go to seed:花が過ぎる、種ができる

hurl:とびかかる、浴びせる

rake:(落ち葉を集めるためのくま手

fickle:気まぐれ

certain:確信して

we are through:私たちの関係が終わる=別れる

pesky:やっかいな、いやな

sneaky:こそこそやる、卑劣な

acknowledging:認める

アコースティックギターのリフで始まる曲。軽やかなサブリナの声。おだやかな春の日をイメージさせます。

オリジナル曲かと思ったらカバー曲でしたね。

A Firm Handshakeという、男性と女性2人のアコースティックバンド。

そうか、劇中歌になったドラマのモデルで、実在した人が歌った曲なのか…

彼は、骨肉腫で余命宣告を受けていたそう。ドラマの主人公もそうです。

Blueberries

原曲のほうが軽やかで弾むようです。

季節がうつろう、冬や春の描写がすばらしいです。

タンポポが種になること、小鳥やミツバチが再びやってくること…短い余命宣告の中で、よりそういう、うつりかわりが目に焼き付いたんだろうな。

CLOUDS Trailer (2020) Sabrina Carpenter, Fin Argus Romance Movie

この曲が劇中歌になった映画はこちら。ディズニー+で見れますよ。とても感動しました…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました